熊本の独特なお酒「赤酒」(あかざけ)

2009.11.29 Sunday

0
    熊本独特のお酒「赤酒」
    熊本には独特なお酒がありまして
    「赤酒」(あかざけ)と言います。
    上の画像のが一般的な赤酒です。
    江戸時代から熊本藩による保護を受け、
    明治維新と西南戦争を境に清酒が県内に入ってきても
    生産され続けてきた伝統を持つ物です。
    製法は原材料にもち米を加え、
    水の量を5割近くまで減らして仕込み、
    終盤に大麦麦芽も加えて更に発酵させた後、
    もろみを絞る直前に木灰を混入している。
    なので「灰汁持酒」(あくもちざけ)とも言われる由縁です。

    赤酒の主な使われ方に
    昔は冠婚葬祭の時に必ず飲まれ、
    現在も正月に屠蘇として使用される事が多いのですよ。
    また千代の園酒造では屠蘇に使うための香草の入ったティーパックの
    様な物を付けてます。
    コレを暫く浸しておけばもうお正月!
    甘くてトロッとしたすてきなもうカクテルと言っても良いかもしれません。
    特に飲用に特化したコレ↓なんてサラリとして良いですよ。
    千代の園 昔造り極上赤酒 720mL
    また、料理に特化した調味用赤酒と言うのもあり
    レシピ1レシピ2もご覧ください。
    あと、千代の園酒造では昔から味醂も作ってます。

    いよいよ製造へ

    2009.11.18 Wednesday

    0
      「地産地消」をテーマに頑張ってますが
      いよいよ製品化への第二段階へ向かいます。
      生徒さん
      「ムラサキマサリ」を作ってくれた
      菊池農業高校の生徒さんです。
      梶工場長
      これは持ち込んだ芋を手に取る
      和水町の花の香酒造の梶工場長です。
      ずしりと実の詰まった良いできだそうです。
      早速造りに入っていくそうですが
      出来が楽しみです。

      れんげちゃん
      この柴犬は菊池農業高校のアイドル
      畑の番犬でもある「れんげちゃん」です。

      収穫

      2009.11.09 Monday

      0
        13日から収穫です。
        画像はムラサキマサリの花
        葉っぱの虫食いは無農薬の証しです。
        地産地消の製品がもうすぐ出来ます。

        ぎっくり腰

        2009.10.09 Friday

        0
          いやぁ〜、9月6日にやっちゃいました。
          ぎっくり腰。。。。
          おかげで一ヶ月、まるまる無駄にしてしまいました。
          でも、ほんとにひれだけ酷いのも
          初めてでした。
          夜もよく眠れないし、痛みで
          第一、仰向けで眠れない。
          丸めた布団に被さるようにして
          長い夜を過ごしてました。

          みなさんも整体とか体の調子を
          整えるの、大事にしてください。

          案内人だよ!全員集合!!

          2009.07.13 Monday

          0
            7月12日、球磨焼酎のイベントに参加してきました。
            球磨焼酎って産地呼称制度で認定されてるって
            知ってました?
            28の蔵元があるのですが
            本当に頑張ってらっしゃいました。